受講生向けに作った図表などを公開しています。

あんず学習塾のメモ・図表置き場

中1理科 中学理科

イチョウは裸子植物?被子植物どっち?

投稿日:

中学生の理科、植物の分類に関するお話です。学習塾のお知らせ用ブログに書いた「イネは単子葉類?それとも?」もご覧ください。

まず、裸子・被子植物の定義から。教科書的な説明だと、「胚珠が子房でおおわれている」のが被子植物、そうではないのが裸子植物とされています。

  • 胚珠は熟すと種子になる
  • 子房は熟すと果実になる

被子植物は、タネを外の環境からガードする仕組みがあるということで、その分進化が進んだ植物ともいえるわけです。これに対して裸子植物はタネを守るしくみが不完全なため、花は原始的というかシンプルな形となり、花びらはなく、当然果実も実りません。

ここで、おなじみの植物の分類図を載せておきます。

植物分類表

広告

裸子植物の代表例

裸子植物の種類はそれほど多くなく、代表的なものを覚えておくとよいです。

  • イチョウ
  • ソテツ
  • マツ・スギなどの針葉樹

タイトルの答えですが、イチョウは裸子植物に分類されます。イチョウの木は街中で目にするものの、なんと古生代から存在し続け、昔からの姿をとどめた「生きた化石」と言われています。ギンナンが実るから被子植物では?と思いきや、あのイヤな臭いの部分は子房が果実になったものではなく、外種皮というタネの一部なんだそうです。

ソテツについては他にまぎらわしい植物があるので、テスト対策というより自分の勉強のため整理してみました。

ソテツとまぎらわしい植物
左から、ソテツ、ヤシ(ココヤシ)、シダ植物(名称不明)

まず、ソテツとヤシ、どちらも南国のイメージで見た目も似ていますが、全く違う種類です。例えばココヤシはココナッツの果実ができるわけなので、ヤシは被子植物です。上の写真を見てみれば、ヤシが細長い平行脈の葉っぱを持っていて、ネギやイネと同じ単子葉類のグループであるのがわかると思います。

それから、シダとソテツも混同しやすいので注意。シダ植物なのに「クサソテツ」など名前がついているものがあるからです。クサソテツは山菜の「コゴミ」として有名。ワラビやゼンマイもシダ植物です。

裸子植物の花は地味?

裸子植物の花はおよそ「花」という感じではなく、鑑賞しても「きれい!」とは思えないものが多いです。

イチョウとマツの花
左がイチョウ、右がマツの花

バラやカーネーションの花はプレゼントになりますが、裸子植物のイチョウやマツでは無理そうですね。スギの花なんて贈ったら大惨事になりかねません。

マツの花については、雄花・雌花の違いも問われます。画像からはわかりにくいですが、花は、一番てっぺんにつくのが雌花、下の方にできるのが雄花です。ちょうどよい画像が用意できませんでしたが、NHKで動画が提供されているようです。

マツの雄花と雌花-中学

なお、テストに出る知識ではなくおまけですが、紛らわしいことに、トウモロコシ(被子植物・単子葉類)は上が雄花、下が雌花です。トウモロコシの実って、低いところにできるでしょ?もし家庭菜園があるなら、お家の人に聞けば教えてくれると思います。

広告

-中1理科, 中学理科
-

Copyright© あんず学習塾のメモ・図表置き場 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.